運用前にエンドポイントを決めよう

セミナー

エンドポイントとは

ほとんどのEAは勝敗を繰り返しながら資産を増やしていきます。

この過程で負けが続くこともありますが、
ある程度の回数の取引をすると資産を増やす傾向にあります。

安定した運用を目指すには3カ月~1年程度の運用期間が必要です。
1週間もしくは1カ月と短期間運用して敗けたから、
このEAは使えないというのでは、運的要素が強くなりすぎます。

しかし、現実問題として運用中資産が減っていくと途中でEAを停止したくなるのは当然です。

そういった運用の途中経過に感情でEAを止めない為に、
運用前に「エンドポイント」を決めましょう。

エンドポイントとは終了する条件です。

 

① いつまで運用するか

運用前に運用期間を決めます。

半年、1年と運用期間を決めてカレンダーに入力しておきましょう。
この期間が来るまで、途中でEAを止めません。
またこの時点で想定利益幅を決めておきます。
期間終了にはいくら収益が増えているか、最低5%最大30%等といった感じに幅を持たせます。

決めた期間が終了した時に、このEAをドローダウンや、想定利益などから評価して、
「EAを使わない」、「ロットを上げる」、「設定を変更する」等を決めましょう。
ここでまた次のエンドポイントを決めて運用を開始します。

 

② 途中終了

運用期間を決めましたが、どうしてもやめなければならない時があります。
そういった時の終了条件をあらかじめ決めておきましょう。
例えば「初期証拠金の20%減った時」、「バックテストの最大ドローダウンを超えた時」、また、逆に「想定利益(最大)を達成した時」などです。

初めに、エンドポイントを設定することで、計画的なメンタルに負けない運用をすることができます。

 

株式会社トリロジー
AMSER株式会社
林 貴晴

 

⇒ FEATご利用手順

今すぐFEATを体験してみよう!
すべての自動売買ソフトを自由に試すことができます!

これまでは購入または自作するしかなかった自動売買システム(EA)が自由に使えるサービス「FEAT-SYSTEM」です。
35種類ものEAから、お客様が自由に選択して自動売買を行うことが出来ます。

お申し込みはこちら

関連記事一覧