トレーダーの最大の敵は「過信」「固定観念」「確証」「損失嫌悪」という人間の感情

レポート

  • HOME
  • ブログ
  • レポート
  • トレーダーの最大の敵は「過信」「固定観念」「確証」「損失嫌悪」という人間の感情

トレードに影響を及ぼす4つの心理的バイアス


トレーダーはマーケットにおいて自分以外のトレーダーに勝利するだけではなく、自身にも常に勝利し続けなければなりません。

トレーダーの最大の敵は実は自分自身なのです。(元来人間は感情に左右されるもの)

トレーダーの多くは、完全に感情を排除するのが理想だと考えていますが、大きなリスクを許容することにより自動売買等システムにトレードを任せる以外、残念ながらそれは殆ど不可能なことです。

トレーダーとして勝ち続ける(=生き残る)ためには、感情をコントロールする術を学ぶ必要があります。

それにはまずトレーダーとしての強みと弱みを認識し、自分自身の理解を深めることが最善策と考えます。

トレード結果に影響を及ぼす心理的バイアスは次の4つ。

 1) 過信
 2) 固定観念
 3) 確証
 4) 損失嫌悪

 

『過信』


過信は、すべてのトレーダーに訪れる勘違い、自身腕前への慢心です。

自信を持ってトレードに臨むこと自体はとても重要なことなのですが、それが過剰になると非常に危険です。

余談ですが、長所と短所は反対に存在するのではなく、すぐ近くにあるもの。

過ぎれば強みはすぐに弱みへとすり変わってしまいます。

マーケット参加者の動きを理解した、相場では必ずお金が儲かる、もうこれ以上のトレードスキル向上は自分には不要、などと考えていることに気づいたら要注意です。

過信によるリスク
・高勝率のため資金管理のルールをおろそかにし、建玉調整がアバウトになりがち。資金効率の低下を招く。
・自信過剰に陥ると、周りのアドバイスに耳を傾けず、ファンダメンタルズによる重要なサインをも見逃す。
・間違いを認めるのが遅れ、一度の失敗で取り返しのつかない損失を被る。

 

『固定観念』


固定観念とは心理学用語で、「人が何かの考えを持つとき、明らかに過ちでっても、その考えを訂正しないような観念」を指すそうです。

相場で置き換えれば、将来も現在の自分に都合のいい(戦略の立てやすい)状況が続くであろうと考える傾向です。

サブプライム・ショック以降の金融危機で、世界中に多くの破産者を出したのは、日本とそれ以外の国の金利差が保たれる、そして円キャリートレードが儲かるという固定観念に、多くの人々が、しかもかなり強烈にとらわれていた事に起因します。

現在の状況に固執し過ぎることは、小さな変化の見逃しを積み重ね、その後突然起こる劇的な変化にのみ込まれることになります。

為替相場はファンダメンタルズの変化により常に変動しているのですから。

固定観念を克服する方法は、投資におけるパートナーを持ち、どのような突飛な意見や発想も歓迎すること。

複数時間枠、複数の売買ルールを使いこなし、柔軟な姿勢を保つこと。

こうすることで視野も広がり、固定観念に陥るのを防ぐことができる思います。

 

『損失嫌悪』


自分の信念の確証を積極的に追及しすぎるトレーダーは、都合のいい、偏った戦略を裏付ける情報ばかりに注目する傾向があるようです。

逆に都合の悪い、不利な情報やサインは黙殺、それにより最悪の結果を招くことになります。

確証バイアス克服のための最も良い方法は、自身の取引について話し合うことのできる仲間、グループを見つけることです。

さまざまな見解や考えを持つ他トレーダーと話すことで、自身ポジションを客観的に見直すことができるようになります。

 

『確証』


利食いが早く、損切りが遅い... というか、損切り自体しない...

ノーベル経済学賞を受賞したダニエルカーネマン (Daniel Kahneman)は、人間は「損をするように出来ている」と言います。

  ⇒ 利小損大のメカニズム 参照

 

株式会社トリロジー
前島 隆志

 

⇒ FEATご利用手順

今すぐFEATを体験してみよう!
すべての自動売買ソフトを自由に試すことができます!

これまでは購入または自作するしかなかった自動売買システム(EA)が自由に使えるサービス「FEAT-SYSTEM」です。
37種類ものEAから、お客様が自由に選択して自動売買を行うことが出来ます。

お申し込みはこちら

関連記事一覧